ニキビと食事には深い関係が!ニキビに効く食べ物や栄養素を紹介!

何をしてもニキビが治らない人は、何が原因なのかぐるぐる考えてはいませんか?

 

ニキビができる原因、あなたの日々の食事内容かもしれませんよ?

 

ニキビと食事には深い関係があるんです!
良い化粧水を使っても、いくら洗顔に気を使っても、身体の中に必要な栄養素がないと綺麗なお肌は保てないのです。

 

では、どんな食べ物がニキビに効くのか?逆にどんなものがダメなのか。
しっかり知って、美肌になるための土台作りをしましょう!!

ニキビと食事の関係性

ニキビができてしまった場合は、当然洗顔方法やお薬などで改善していくのですが、食生活を改善も大事なんです。
ニキビに良い食べ物・悪い食べものをまとめてみました。

ニキビに悪い食事

糖分や脂肪分の多い食べ物

スナック菓子

糖分や脂肪分の多いものを食べ過ぎると、皮脂の分泌が増加するためニキビが悪化することがあります。
スナック菓子やケーキなどのお菓子類は脂肪分と糖分の塊。
またバターやクリームは動物性脂肪が主成分なので食べすぎには注意しましょう。

刺激のある飲み物

コーヒー

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインにはビタミンB 群の吸収を低下させる働きがあり、これが過剰な皮脂の分泌の原因なってしまいます。
ニキビが気になるときは控えましょう。

 

また、遅い時間に飲んでしまったり、たくさんの量を飲むと寝つきが悪くなってしまうため、生活リズムが狂ってニキビが悪化する可能性があります。
さらにカフェインは内臓への負担も大きくかかるので胃腸の調子が悪くてニキビができている方は注意しましょう。

アルコール

アルコール

アルコールには糖分が多く含まれていて、それが皮脂腺を刺激することがあります。
また、アルコールを飲みすぎてしまうと内臓への負担も大きくかかるのでニキビを悪化させないためには控えめにするようにしましょう。

香辛料の多い刺激物

唐辛子

こちらも内臓に負担をかけてしまうため、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。

 

と、いろいろニキビに悪いとされている食事を上げてみましたが、あまり神経質になって「あれも食べちゃダメ、これも我慢」と考えすぎてしまうと今度はストレスでニキビを悪化させてしまう可能性もあります。
あくまでも摂りすぎに注意したほうがいいでしょう、というくらいに考えておくのが一番いいでしょう。

チョコがニキビの原因に?なぜ?

チョコレートを食べるとニキビができやすくなるとよくいいますよね。
でも実はこれ、直接的な原因は解明されていないんです。
逆にポリフェノールが含まれているチョコレートにはカルシウムが含まれていて、これはニキビに有効だという話もあるのです。

 

ただし、チョコレートには味付けのために糖分がたくさん含まれていたり、まろやかにするために脂肪分がふんだんに使われていたりします。
商品によってはチョコ全体の半分近くが脂肪分でできているものも。
皮脂の主成分の一つであるTG(トリグリセリド)がニキビの原因になりうる物質です!

 

これの過剰分泌を避けるためにチョコレートを・・・というより動物性脂肪や糖質の過剰摂取は控えておいたほうがいいでしょう。
チョコを食べたいなら、糖分、脂肪分が少ないものを選んで適量を食べるようにしましょうね。

 

と言いつつも、私はチョコが大好きで買ってしまうと1回で食べきってしまう程・・・。
そこはぐっと我慢して、朝一口とおやつの時間に一口だけにしています!

ニキビに効く食べ物・栄養素

では、ニキビに効く栄養素を見ていきましょう。
それぞれ食べ物も紹介していくので、バランス良く積極的に摂っていきましょう!

 

たんぱく質

たんぱく質

人間の肌や髪の毛、爪、臓器や筋肉などは全てタンパク質が原料となっています。
肌を作り出す時には、原料であるたんぱく質が必要となってきます。ということは、ニキビを代謝させて新しいきれいな肌を生み出すために、まず必要なのがたんぱく質となります。

 

たんぱく質には植物性のものと動物性のものの2種類に分かれています。

 

動物性たんぱく質

肉全般、魚、チーズ、卵

 

植物性たんぱく質

大豆、豆腐、おから、豆乳、納豆

 

どちらがいいというのではなく、二つともバランスよく摂ることが大切です。
ただ、ニキビはホルモンバランスの乱れによってもできる場合があるので、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンが多く含まれた大豆製品はしっかりとるようにしましょう。

 

ビタミンA

ほうれん草

ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にする栄養素です。健康な肌はビタミンAの働きのおかげで肌の細胞がどんどんつくり出され、古くなった細胞を肌からはがしていきます。
この時に肌に付着した汚れや角質も一緒に流され、常に新しいキレイな肌が保てるのです。

 

ということは、
ビタミンAが不足して新陳代謝が悪くなる=汚れや角質がいつまでも肌にとどまる
ということになり、それが毛穴に詰まってやがてはニキビへと変化していきます。
そのため、ニキビを改善するためにはビタミンAは必要不可欠なのです。

 

ビタミンAを多く含む食材

レバー、ほうれん草、人参

 

ビタミンB2

納豆

ビタミンB2はカラダに余っている余分な皮脂を分解する働きを持っています。
なので皮脂の分泌を抑えることができ、ニキビの予防に一役買ってくれます。
また、ビタミンB2には抗酸化パワーがあり、肌の老化を防いでキレイでハリのある若々しい肌を保つお手伝いをしてくれます。

 

ビタミンB2を多く含む食材

肉、鶏肉、納豆、青魚

 

ビタミンB6

いわし

肌の原料となるたんぱく質の代謝や合成のお手伝いをしてくれるほか、体の免疫バランスを調整してくれるのがこのビタミンB6。
ビタミンB6が不足すると、どんなにたんぱく質を摂っていても肌が正しい周期で代謝・合成を繰り返してくれません。
さらに神経の興奮をしずめる働きがあったり、免疫力を高めて健康なお肌作りに一役買ってくれます。

 

ビタミンB6が足りないとストレスが溜まりやすいカラダになってしまい、その結果 ニキビも増加してしまいます。
更に、このビタミンB6はニキビ跡の原因となってしまうチロシナーゼ という酵素の活性を抑制する働きもしてくれるのです。

 

ビタミンB6を多く含む食材

いわし、さば、まぐろ、さんま、豚肉、さつまいも、レバー、バナナ

 

ビタミンC

レモン

美肌の栄養素といえばやっぱりビタミンC。
抗酸化成分があるので、肌の老化を防いでくれます。またニキビの炎症を抑え、肌の生まれ変わりをサポートしてくれるためニキビ跡を消すのにも効果がある成分です。

 

ビタミンCを多く含む食材

赤ピーマン、黄ピーマン、アセロラジュース、ゆずの皮、レモン

 

ビタミンE

アーモンド

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、若くてみずみずしい美肌作りには欠かせない栄養素です。
紫外線により生み出された活性酸素は細胞を老化させてしまいます。
この活性酸素をやっつけてくれるのが抗酸化作用のあるビタミンE。
健康なお肌は抵抗力が強くなるためアクネ菌の繁殖を抑えニキビを予防しますし、シミやシワといった肌のトラブルも解消してくれます。

 

ビタミンEを多く含む食材

ピーマン、モロヘイヤ、アーモンド

 

亜鉛

牡蠣

亜鉛は、お肌の新陳代謝を活発に行うサポートをしてくれる栄養素です。亜鉛はニキビなどの肌荒れで傷ついた肌細胞の再生を早めてくれる働きをします。
ただし、摂りすぎは皮脂の分泌を増やす男性ホルモンの増加につながりますので、あくまでも適量を摂るようにしましょう。

 

亜鉛を多く含む食材

牛肉、豚レバー、鶏むね肉、牡蠣、しじみ、ホタテ、うなぎ、わかめ、ひじき、納豆、カシューナッツ、ゴマ、豆腐、チーズ、卵、アボカド

 

鉄分

レバー

皮膚のコラーゲンの量が減ると肌の質が低下、皮脂分解能の低下、角化異常などをひきおこします。
これがニキビのできやすい肌を作ってしまいます。
鉄分にはコラーゲンやタンパク質を生成して肌にハリをもたらす働きがあり、また、シミやニキビ跡を改善してくれる効果もあります。
また、ニキビができている人の血液を採取して血液内の鉄分量を測ると、鉄分濃度が低くなっていることが多いです。

 

昨今の現代人は鉄分不足が深刻化していますが、中でも特に女性は月経があるため、鉄分不足に陥りやすいです。
生理前にニキビができるのは、ホルモンバランスが崩れることが原因でもありますが、鉄分不足というのも大きく関わってきます。

 

鉄分を多く含む食材

レバー、赤身肉、カツオ、マグロ、赤貝

 

これらの栄養素は、お肌だけではなく、髪や身体の健康にはとっても必要なものです!

 

とはいっても毎日毎日、必ずこれらの食材を食べなきゃと意気込まないようにしてくださいね。
神経質になりすぎるのも、お肌にはよくありませんので!

暴飲暴食もニキビの原因に

栄養素をしっかり摂っていても、大量に食べすぎてしまうと身体には負担になってしまいますよ!

 

実際に私は良かれと思って、たんぱく質をいっぱい食べすぎた結果、消化不良になってしまいました・・・。
食べるのが好きな人も要注意ですが、食べれば良くなる!と必死になってしまう人も気をつけていきましょう。

 

暴飲暴食をするとニキビができるメカニズムは以下の2点です。

内臓の負担よるニキビの悪化

暴飲暴食をすると食べ物を消化するだけで消化器官が疲れてしまうため、消化器官が正常に働いてくれません。
そのため便秘になったり、栄養がきちんと吸収されなくなったりするのです。
本来カラダの外に出さなければならないものを腸の中にため込んでしまっているので有毒なガスを発生させてしまい、それが血管に溶け込み毛穴からしみでてきて、毛穴を傷つけやがてニキビとなってしまうのです。
さらに栄養がきちんと吸収されいのでお肌の細胞をつくる栄養が足りず、ターンオーバーが遅れ、古くなった角質が毛穴を塞いでニキビを作り出してしまいます。

生活リズムの崩れによるもの

食べすぎ・飲みすぎによって本来睡眠に入る時間になっても消化器官は働き続けなければなりません。
このため睡眠不足に陥り、カラダのバランスを崩したり、肌のターンオーバーを妨げたりしてこれがニキビの原因となってしまいます。
また、アルコールの過剰摂取は睡眠の質を悪化させます。お酒を飲みすぎると一見ぐっすり眠れているような気がしますが、実はそれは睡眠ではなく気絶しているのと同じような状態で、本来の睡眠とは違うのです。
当然肌のターンオーバーも正常に行われず、睡眠不足により疲れがたまってニキビを悪化させてしまいます。

おわりに

ニキビは様々な原因があります。
だから、人によって全然違うのです。

 

どんなことをしても治らない!良くなる気配がない!
という人は、根本的なところを見つめ直していきましょう。

 

食事を怠っている人はいつまでもニキビは治らないので注意しましょう!