ベルブラン含有成分丸わかり辞典記事一覧

ベルブランに含まれている有効成分であるグリチル酸2Kとトラネキサム酸の2つの成分におけるそれぞれの効能について説明していきたいと思います。グリチル酸2Kとは?グリチル酸2Kの成分についてグリチル酸2Kとは、一般的には「グリチルリチン酸ジカリウム」ともよばれています。この成分は、漢方薬のマメ科の甘草(カンゾウ)から抽出される成分です。主に敏感肌用の化粧品に使用されることが多く、敏感肌の人が化粧品を使...

ベルブランに含まれる6つの保湿成分について、説明していきましょう。@濃グリセリン濃グリセリンとは、通常のグリセリンよりも高濃度なグリセリン液のことをいいます。つまり、通常のグリセリンの濃度が約85%前後に対して、濃グリセリンは98%以上の濃度のある成分です。その為、「高純度グリセリン」とよばれる場合があります。濃グリセリンの成分は、しっとりとした使用感があり、肌に馴染みやすく、高い保水力をもつので...

ベルブランに含まれる8つの美白成分について、説明していきましょう。@油溶性甘草エキス 油溶性甘草エキス(ユヨウカンセイカンゾウエキス)は、マメ科の植物の「甘草の根の部分」から抽出された油溶性植物エキスです。この成分は、フラボノイドを主体としており、その中のフラボノイドに含まれている「グラブレン」や「グラブリジン」にメラニン色素の分泌を抑制する作用があり、美白に高い効果をもたらします。また、肌の酸化...